ブログトップ

低血圧なblog

kuroshiki.exblog.jp

勝負ニモナラナカッタ!

デモンズソウル戦闘スタイル

・脳筋(1st)
筋力、技量に特化した一撃必殺タイプ。
筋力特化用の叩き潰す~や、技量特化用の鋭利な~、または両特化用の上質の~へ武器を派生させる。
これら単体の威力が高い上に、更に武器へのエンチャントが可能なため火力が高い。
豊富な筋力、技量から殆どの武器を扱うことが可能な為手数、リーチを自在に変え戦術の幅が広い。
武器同士の相性がわかってくると相手の武器やスタイルに応じて武器を変えるなんてことも可能になる。
魔法、完全な防護は天敵。これを使われるとダメージが通らなくなる上に対策も武器に魔法属性をエンチャントする位しかない。
また、ステージ道中も魔法属性が弱点の敵が多く、物理耐性を持つ敵も多い為序盤~中盤にかけてが辛い。


・隠密
技量に特化し、自身の姿を消す指輪、奇跡を駆使して立ち回るタイプ。
致命の一撃時にダメージボーナスのつく致命の~系に武器を派生させる。
自身の透過性を確保する為に自分にエフェクトのつく装備(MP自動回復など)は一切装備しない。
黒ファントムとして進入されると特に厄介なタイプ。


・信仰戦士(2nd)
別名アンバサ戦士。
筋力、技量は武器の必要ステータス最小限に抑え、後は信仰へ極振り。
強化派生祝福された~系は信仰に魔法ダメージボーナスがつく為攻撃力の大半は魔法ダメージとなる。
祝福系の武器はHP自動回復の効果も持つ為、他の指輪、装備、奇跡と組み合わせるとHPが物凄い勢いで回復していくナイスタフガイへと変貌する。
ほっといても勝手にHPがいつの間にか全快する。
信仰による魔法防御力も高く、奇跡、一度きりの復活により一度死んでも復活できる為落下死でもしない限りは中々やられないナイスマッチョ。
その反面攻撃面は若干火力不足。


・魔法戦士(4th)
筋力、技量は武器の必要ステータス最小限に抑え、後は魔力へ。
防御力は低いが火力は高い攻撃寄りタイプ。
魔力ボーナスのつく月の~、欠月の~派生を主に使うが、無属性武器に魔法でエンチャントしても強い。
武器と魔法の攻撃の選択肢が多く、遠距離から牽制を掛けられる。
完全な防護の存在から脳筋に対し強く、浮遊するソウルの矢で隠密の索敵も可能。
魔法の有用さからデモンズの攻略に関しても比較的楽な部類。
しかしタイマンに関しては魔法単発の命中は期待できずどの道物理攻撃が主体となる。


・ブルーブラッド使い(3rd)
魔法戦士の派生タイプ。
運にダメージボーナスが存在するブルーブラッドソードを扱うことに重点を置いた魔法剣士。
筋力、技量、魔力、信仰全て18が装備条件。
基礎ステータスの体力頑強、MP確保の為知力へステータスを割いた上で運へ極振りになる。
と、ほぼ全てのステータスを上げる事になる。その為HPやスタミナは少なめ。
魔法、光の武器をブルーブラッドソードへ使用した時の火力は目を見張るものがある。
が、光の武器の効果が切れれば一般兵以下に成り下がるとかなりの一発屋。
また、ステ振りの関係上ブルーブラッドソード以外を装備しても大した効果を望めない。


・純メイジ
黄衣の頭冠、魔法鋭性の指輪、クリスナイフを装備し、狂気の触媒で一撃必殺の魔法ダメージを叩き出す。
ガス欠が起こりやすい。
集団戦なら後ろから魔法を撃ってるだけでかなりの脅威となる。
が、タイマンは一番玄人向け。
一切の魔法を封じる反転魔法領域を使われると詰む。
[PR]
by Coffeeblack | 2010-03-02 08:29 | ゲーム総合 | Comments(2)
Commented by クー at 2010-03-02 20:55 x
デモンブレイド使う半魔法戦士が通りますよ
Commented by torent at 2010-03-05 03:52 x
oi箱くれ