ブログトップ

低血圧なblog

kuroshiki.exblog.jp

勝負ニモナラナカッタ!

誰だ!・・・なんだお前か。どうしたこんな時間に?

d0072677_22440788.jpg
現在のパーク構成
・プリモニション:カメラの向いている方向36m以内に鬼がいる場合警告してくれる。
・ボンド:32m以内にいる味方の位置がわかる。
・エンパシー:負傷している味方の位置が無制限でわかる。
・セルフケア:負傷しても自力で治療できる。

敵と味方の感知パークマシマシ
見つからないことを前提とした構成。
チェイス用パークを1つも積んでないのでいざ見つかるときつい。
どっちか片方でいい気もするけどボンドとエンパシー両方積んでると状況把握がしやすい。

なんでここまで味方の位置感知に全力を注ぐかというと
何故か鬼に襲われた味方が高確率でこちらに向かってくるから
相手からはこちらの位置は見えてないので故意じゃないのが余計に腹が立つ。
仕方ないので潜伏すると今度は周辺でぐるぐるチェイスを始めたりする。
マジで勘弁してください。

味方感知があって良かったエピソード
●一人が捕まり吊られる
→俺ともう1人が救助に向かう
→残って発電機修理してた奴が見つかり襲われる
→何を考えたのか襲われた奴がこちらに向かって猛ダッシュ開始
→明らかに地下に向かっている。恐らく救出ポイント狙い。
→間に合わず地下手前の部屋でダウン
→即回線切断
→鬼が地下室に戻ってきてしまい地下に吊られてた奴死亡
→更に救助に向かってたもう1人は味方の動向を知らなかった為戻ってきた鬼に見つかり死亡

僅か数十秒の出来事であった。
1人の地雷によってチームは壊滅。
残された俺はハッチ案件となった。
真の敵は味方かもしれん。

[PR]
by Coffeeblack | 2017-03-19 22:46 | ゲーム総合 | Comments(0)